うんこめも

自律分散うんこ製造システムについてのメモ

日記

日本の中学生が世界で一番強い奇妙なスポーツ

中学生が最も強いスポーツ競技はあるのか 世界にあまたとあるスポーツのなかで大人よりも中学生が強いなんて種目はあるだろうか。 オリンピックでも10代ばかりが勝利する競技はあまりないし、ましてや義務教育を受けている年の子供が上位を占めるような競技…

知性・ネット・インフレ 「プシスファイラ」は最高のSFだった

すごいSFを読んでしまった。きっかけはひと月ほど前に日本で急速にブームが来て急速にしぼんでいったブラウザゲーム「クッキークリッカー」。 ゲーム性も注目に値するのだけれどそのSF的な小道具の使い方とインフレ具合がかなりおもしろく、興奮して翌日9時…

そろそろウィザードについてひとこと言っておくか

日曜日の朝8時から仮面ライダーウィザードが9月29日で最終回を迎えた。 話的には先々週に終わっていたのだけれど謎の番外編的なおまけが2話あってやや混乱。これは別世界でおこる仮面ライダーオールスター的な話だ。ニチアサ系の映画にありそうな話だったか…

初人間ドック。自分の胃の中を覗いてトラウマを克服したかもしれない話。

なんとか激闘の2Qを生き抜くことが出きたので10月1日は会社の福利厚生で人間ドックに行ってきた。前日は9月を終わらせるための仕事が多く、終わらせるために2駅分タクシーに乗ることで終電を30分遅らせるメソッドを発動して帰宅。 そこから問診票を書いて検…

かかし商店街 〜第16回かかしコンクール〜

近所でかかしコンクールというものをやってました。 毎年の夏になっているおまつりみたいで今年は16回目だそうです。主催は商店街ですが後援に都立現代美術館があり、表彰もそこで行われるのである種のモダンアートなのかもしれません。ただ、なぜ作物を鳥獣…

馬蹄の赤錆をとった話

ひょんなことから錆だらけの馬蹄をもらってしまった。 せっかくなので文鎮か鍋敷きにでもしようと錆を落としてみる。たぶんG寺ハウスの影響もあるかもしれない。 赤くなっているのは鉄の赤錆っぽいので鉄製と見込んで調べてみる。自分の化学知識は高校生レベ…

メロンのワタから種を取り出すたったひとつのやり方

スプーンでくり抜いてワタを器に取り出したら、それからスプーンを使って種を仕分ける。以上。 知人がメロンを持ってきたので美味しく食べたのだけれどワタの扱いに悩んで種を分離しました。 ここしばらくで一番集中したかも。種は植えようかな。

7月8月に読んだ本:匂いの人類学、新宗教の解読、WATCHMEN

8月が終わるとなぜかぽっかりと穴が空いたかのような気分になる。なぜだろう。 強い日差しと蒸し暑さ、濃い緑の匂い、にじむ汗・・・しんどいのになぜか愛おしい。ただこれは夏かくあるべしというイメージがこびりついているためな気もする。どうだろうか?…

人生に疲れたら地学系の本を読むといいと思う

帰省したところ百田尚樹氏の「海賊と呼ばれた男」が置いてあった。出光興産の創業者をモデルにしたベストセラーでなかなか評判らしい。あんまり本を読まなさそうな知人もおもしろかったと言っていたのと「永遠のゼロ」がうまく書かれていたことを思い出して…

サイクル・ツーリング・アラウンド・淡路島

先日、淡路島を自転車で一周してきました。 いい島でいい体験ができたのでステマ(捨て身マーケティング)レポートを書いてみます。 淡路島はイザナギとイザナミが日本列島の中ではじめに創造したというたいへんに由緒正しき島です。東京どころか京都さえ目…

5月・6月に読んだ本 :キャバクラの経済学、日本奥地紀行、世紀の空売り、ドロヘドロなど

今回も先月と先々月に読んで印象に残っている本の記録を書いてみた。 言葉でたたかう技術 1929年生まれで1952年から夫についてアメリカに留学した加藤恭子さんによる文化的差異と言葉についての本。 アメリカで長く生活していた経験や、アリストテレスから佐…

文化と感性の話と東京江戸博物館のファインバーグコレクションに行ってきた話

美術館・展覧会・写真展。とても恵まれていることに、この日本ではこうした文化的な場所や催しがたくさんある。自分はあまり文化的な素養はないけれど誘われたり女の子と遊びに行く口実にと稀に(特に後者)行く機会がある。 アーティスティックなものに触れ…

梅佳代展にいってきた

ブラインドを閉め切った部屋でキーボードを叩くだけの仕事ばかりしていることに危機感を覚えて、たまには文化的なことをしようと東京オペラシティでやってる梅佳代展に行ってきた。 梅佳代さんは石川県の柳田村出身の写真家。といってもザ・フォトグラファー…

ファイナルファンタジーVIIIのオーケストラを聴いて

五月晴れの日曜日にガーデンオーケストラによるオーケストラを聴いてきた。ファイナルファンタジーVIIIという1999年に発売されたゲームの音楽だけを演奏するというかなり特徴的なオーケストラだ。ガーデンオーケストラ | FINAL FANTASY VIIIの世界をオーケス…

Java Day Tokyo 2013にいってきたお話

5/14に日本オラクル主催のJava Day Tokyo 2013に参加するため秋葉原にいってきました。 Java Day Tokyo 2013 自分はまだJavaのことをなにも知らないんなあ、と感じてなかなか有益だったので簡単にそのメモを書いておきます。 キーノートではOracle本社のvice…

3月・4月に読んだ本

先々月に書いたのに続いて読んだ本の棚卸しをする。恥ずかしいのは除いてます。 1月・2月に読んだ本 - うんこめも まず個別に記事を書いたのが3冊。ノンフィクション2冊とビジネス書1冊。ただし小学生並の感想*1。 (読書メモ)日本をもっとも知っていた男の…

(雑感)仕出し屋「玉子屋」と勘とデータマイニング

2013/5/6 文末に玉子屋の情報を追記ーー昨日の夜、帰宅してテレビをつけるとNHKでサラメシという番組をやってた。 働く人のご飯に注目するという内容の、すこし変わった視点の職業紹介といった感じでおもしろい。これまでの放送 - NHK サラメシ そのなかで、…

春分、花見、上野にて

春分の日は、春とついているにもかかわらず寒いのが毎年この時期のおやくそく。けれど今年は暖かい。コートいらないどころかジャケットも暑い日がある。今日の東京は最高気温21度、最低気温15度。5月並だ。いつも通り引き籠もっていようかなと思ったけれど、…

1月・2月に読んだ本

しばらくやっていなかったけれど、ひさびさに読んだ本を整理してみようと思う。 感想文とか書評とかいうレベルではなく、どんな本を読んだかだけ並べてみる。まずやれるところからやってみるのだ・・・ ノンフィクション 気違い部落周遊記 きだみのる なかな…

俺色に染めてやるぜ

生まれて初めて染め物をしたのでちょっとメモを書いてみる。 ことの始まりは、ちょっとまえに洗濯を失敗してしまったこと。 お気に入りのシャツのポケットにボールペンを入れたまま洗濯してしまったのだ。それもただのボールペンじゃなくてゲルインクの三色…

とーきょー箱文庫に参加して本を読んできた

友人が主催していた箱文庫という不思議な名前の読書イベントに参加してきました。とーきょー箱文庫 #1 : ATNDみんなで本を持ち寄って、それを交換して読むという変わった読書会です。 自分だと読まないような本を読めてなかなか新鮮でした。自分がひいたのは…

2012年から2013年へ

あけましておめでとうございます。いつのまにか2013年になりました。へび年ですね。Love 巳 Tender— だいはーどさん (@daaaaaai) 1月 3, 2013昨年も、ほんといろんなひとにお世話になっておりますが、今年もよろしくおねがいします。お世話になった方やみな…

シェアハウスの1年間

いつの間にか年の瀬ですね。締め切りも多い時期だし忘年会も多いし北朝鮮はミサイルも打ち上げるし総選挙もあるしで師走という感じです。先生も課長も走り回っています。クリスマスを控えて人も街も華やいでそわそわしていてこっちも心が浮き足立ちそうです…

日記・体育の日

別に体育の日だからというわけではないけれど、体が鈍っている感じがしたので近所のスポーツセンターに行ったのだけれどすごく混んでいた。なにやら体育の日で無料開放しているらしい。プールもジムも白髪の目立つ方がたくさんいた。ちょっと前までスポーツ…