うんこめも

自律分散うんこ製造システムについてのメモ

魔法少女まどか☆マギカという神話

魔法少女まどか☆マギカというアニメを観終わった。

アニメはあまり見ないのだけど、論文で苦しむ研究室で流行っておりつい見て嵌ってしまったものが地震による延期で今日、完結した。これは近年稀に見る傑作だった。

アニメを見ない人のために3行で説明すると

  1. 魔法少女ものという定番に新たな切り口で挑んだ深夜アニメ。全12話。
  2. 放送当初からその可愛らしいキャラクターと対照的な残酷な描写やシリアスな展開で話題になる。
  3. 伏線も多く、話がとてもよく出来ており、ただの萌えアニメとは一線を画している。*1


万人におすすめできるとは言えないけれど、とても良い作品だった。劇薬だけどアニメをあまり見ない人にもおすすめできるかも。全12話、計5時間程度なためぜひ気軽に見てほしい。


以下最終話ネタバレ感想。陳腐な感想だけど、ちょうおもしろい作品だった。
アニメ史とか詳しくないのでいい加減かもしれません。ツッコミ希望。







観終わって最初にもった感想は、これは神話っぽいなーということ。たぶんそう意図されてるし、そう感じる人も多いと思うけど、ちょっと言葉にしてみる、心身を捧げてすべての魔法少女(と世界)を救ったまどかは、自分が犠牲になることで人類すべての罪を背負って救世主になったナザレのイエスとかぶって見える。(最後、ほむらが立ち向かっていった白い服をまとった男達は12使徒?)
そもそも愛するものを犠牲にして契約を結ぶというのは旧約聖書アブラハム(神の指令のままに愛する息子を生贄に捧げようとし、その神への忠誠により契約、繁栄を約束される)にも共通している。かな。

こういう、繰り返される構造は神話によくあるみたいだけれど(そんなに詳しくないけど、ギリシャ神話は特に)、ほむらとまどかの出会いもそう。最初は魔法少女のまどかと一般人のほむらが教室で出会い、別の時間軸では、一般人のまどかと魔法少女のほむらと出会う。

ルールによるルールを言及するメタ的な契約は、近年の作品には珍しくはないと思う。ただ、それをここまで丁寧に組み上げたプロットはすごい。これほど、ハッピーエンドとバッドエンドを超越した終わり方は衝撃的。(SFとかだとなくはない、のかな。光瀬龍の「百億の星と千億の夜」とかこんなだったかな。)
運命に巻き込まれた時点で、どうやっても悲劇だったけれど、そこからどう脱出するか、という物語にも見えて、ミステリ的な考察もおもしろい。


まどかの祈りは、過去の、未来のすべての魔女が生まれる前に絶望を取り払うものだった。
これは全時間の全宇宙の因果律を変えるもの。魔法少女→魔女システムを自己言及する祈り
すべての魔法少女は、魔女になる直前にまどかによって浄化されるようになる。この自己言及的な祈りも、ひとりの魔法少女祈りでは成し得なかったこと。2人の力によってできる、というのが最終話のタイトル「わたしの、最高のともだち」と相まってぐっとくる。最後は友情とそれによって生み出された世界への愛だった。ほむらのまどかへの思いと、まどかの、他者の痛みへの強い感受性が世界を変えた。


まどかの視点から始まって、いつのまにかほむらの視点にかわる構造、2人の思いと絶望が身に染みる。その2人だけでなく、主要なキャラすべての話で、各キャラクターが主人公かも思えるほど心を描いている。まみさんの孤独。さやかの真っ直ぐでがんこな思いと苛立ち。杏子の自分の為に生きると誓うに至った絶望。まどか母の母としての娘への思いやりと距離感。合理的で人間とは違うきゅうべえの思考。みんなに感情移入しかけてしまう。この短い作品でこれがやれるのは本当にすごい。

話だけでなく、自然と調和した近未来的な街並みやディティール、魔女の結界の悍ましい演出心に迫る音楽、キャラクターの造形も完成度が高い。ほかのアニメや作品と比べてどうかはわからないけれど、すごく良い作品。

そしてコンテンツの良さだけでなく、ネットでの実況や議論、考察が盛り上がっていたコンテクストも見逃せない。これによって作品を一方的に楽しむでなくソーシャルに、重層的に楽しむことができた。最終話ももっとみんなと議論したいし、考察を聞きたい。
(そして不満を言えば、関西のMBSと関東のTBSでは放送時間がずれているため、ネット上で微妙な齟齬、ネタバレがあったことが残念。もっとソーシャルを考えてほしい)*2


興業としても成功するだろうし、今後のアニメはどうなるのだろうか―。
より脚本に力が入れられた原作なしのオリジナルが増えることは間違いないと思う。今後も良い作品がたくさんでていることを期待している。

Don't forget. Always somewhere . Someone is fighting for you. As well as you remember her. You are not alone.

@daaaaaai


随時追記(2011/4/22 07:23)
以下蛇足だけどちょっと気になること

  • なんでワルプルギスの夜なのか?死者を囲む宴?
  • なんでまどか☆マギカというタイトルなのか?(ドグラ・マグラ的な語感・・・?)
  • 魔法少女はどのくらいいるのか?
  • 感情のない知的生命体というアイデアはどこ由来なのか。
  • 最後の白い服を着た人は魔獣?ほむらの黒い羽は??
  • 最後のまどかが筒井康隆の「エイディプスの恋人」の七瀬とちょっとかぶる。
  • なぜ魔「獣」なのか。なぜ男なのか。
  • 概念になったというまどかがよく理解出来ない。
  • インキュベータはどうエネルギーを調達しているのか。
  • 二期はない、よね・・
  • なぜこれほど放送が遅れたのか。ワルプルギスの夜津波状の描写があったのかな。
  • けっきょく何人くらい見てたんだろ。身のまわりでは主観値10%くらいかな。。
  • さやかが救済されてほんとよかった。
  • 杏子とまみさん。。
  • 白い液体の謎
  • 室伏の謎


http://d.hatena.ne.jp/skipturnreset/20110422
この考察記事がすごくよくかけていて正直くやしい。

*1:脚本はゲーム業界などで有名な虚淵玄氏。

*2:関西組・関東組という対立を生み出した罪づくりなアニメでもある。たまにはほかの放送すらされない地域のこと、思い出してあげてください