うんこめも

自律分散うんこ製造システムについてのメモ

国際的な労働ダンピングと悪名高いFOXCONNと残念な日本

#2012-1-22 何箇所か修正しました

グローバル経済の素晴らしさとか厳しさは語られるけど、そんなにいいものじゃないかもしれない。
ASCII.jp:iPad人気の影響!? Foxconnで自殺者続出の理由|山谷剛史の「中国IT小話」
The Man Who Makes Your iPhone - BusinessWeek
Your iPhone Was Built, In Part, By 13 Year-Olds Working 16 Hours A Day For 70 Cents An Hour

リンク先の内容を簡単に言うと、foxconnという会社のひどさとそこから利益を得ている先進国という話。foxconnは台湾に本社があって、中国で深センなどに巨大な工場を持って、電子機器受託生産(EMS)で世界トップの企業だ。高利益なファブレス企業を支えていると言ってもいい。従業員は18から25歳を中心に、およそ80万人を抱え、そのうち54万人が中国における従業員であるそう。AppleやSonyほかいろいろなメーカーの製品を実際に作っているということでぼくらが日常使ってる製品のいくつかはここで使われているはず。すごいメーカー。


で終わればいいのだけど、実態は低賃金でがんがん働かせて自殺者も多いという非人道的だという批判がある企業。
さらに労組をつくろうとすれば逮捕されるし暴力振るわれるそうだ。労働者よ団結せよ、とつくられた国じゃなかったっけ・・・。


これこそがグローバル経済でそのおかげでおれたちはiPadが安く買える、ということでもあるのだけど、当然、先進国にはこうした仕事がなくなっていく。

IT技術の発達やなんかで世界のどこでもコミュニケーション取れるし仕事できるようになったぜフリーエージェントでシャレオツにノマド時代キタコレ、みたいな華々しい面がある。その一方で、単純作業やバックオフィスみたいなのはどんどんオフショアにビジネスプロセスアウトソーシングしてコアコンピタンスでしょワロスみたいな合理的な面もあるという。実際に現場性の必要のないブルーワークや定型作業ばかりのホワイトカラーはどんどん外に出ている。


で、これをグローバル経済のダンピングだ。なんとかして自国の製造業へ雇用を戻そう、という話は当然ある。けれどここらへんの議論には人権侵害的な労働環境から救済しようという欲求と、自国に製造業を再び持ってこようという集票的な意図がこんがらがっていてよくわからない。
中国から雇用を取り戻したかったらFoxconnみたいなのをアメリカに作ればいいじゃん!というジョン・スチュワートの思いつき(動画) : ギズモード・ジャパン



日本でもアメリカでも最低賃金は決まっているし、ダンピング独占禁止法で処罰対象となっている。けれど、海外のことは縛れない。WTOでは国内価格よりも安い価格で国外で販売することを不公正貿易として禁止しているけれど、これはメーカの大半が先進国にあった昔の話。発展途上国から先進国への輸出はしばれない*1

(加筆)問題があまりに国際的すぎるので、もし一国で子どもを低賃金で酷使するような製造委託を禁止したとすると、それを使う他国がより安くつくって出し抜いて、その禁止された国の企業を凌駕してしまうかもしれない。そうなると結局、低賃金で若年者を働かせる国が1つでもあるかぎりそこに仕事は舞い込む。そして、もしなくなったら他の国(地域)がチャンスありと踏み込んでくるだろう。どうしたら解決できるかはわからない・・・


すこし気になったので実際にどれくたいのダンピングなのかなと調べてみた。
給与についても簡単に計算してみる。上記の記事では日給は5.2ポンド(約690円)。12時間労働だとすると58円くらい。2007年、上海のマクドナルドの時給はだいたい70円くらい。福建省だと50円くらい。*2
そんなに不当に安くはない?寮では24人部屋というのも劣悪な環境のようだけど、北京大から日本に留学してる優秀でわりと裕福な友人は、8畳くらいの部屋に女6人で住んでたって言ってたし、先進国の観念でひどいって言ってるのかな。もちろん、これはこれでひどいけど、foxconnという企業の問題ではない。


ダンピングじゃないからといって健全というわけはないけれど・・。経済学でダンピングというものがどう捉えられているかはよくわからないし、どうなったらみんなハッピーなのかもわからない。日本に雇用増やそうと思ったらブロック経済くらいかな?輸出企業死滅するかな。

たぶん先進国に製造業の仕事がふたたびまわってくるのは、中国の人件費とオフショアのオーバーヘッドが日本のそれと同じになったときかな。そのときに市場としての価値がどれくらい残っているかは分からないけれど。
日本のことばかりで歯切れの悪い文章になってしまった・・・。



・・
・・・
給与の試算ついでに自殺者についても計算してみた。
2010年の1-5月の自殺者数は12人で、社員数50万人としたら自殺率(人口10万人あたりの自殺者数)は5人・・。
ちまにみ2010年(平成22年)における日本の自殺率は24.9人
あれ?過酷で自殺者数が多い企業と言われているfoxconnの自殺率、ふつうににほんよりも低い・・?
foxconnの発表の信頼性もあるけれど、日本の社会どんだけだよって思う。。